こんな場合に監視カメラが活躍します

popular post

  • 導入方法は?価格は?監視カメラの初期設定

    安価に導入することができる監視カメラ 防犯対策にはいろいろな方…

    » 続きはコチラ

  • 監視カメラのメリットと注意点

    監視カメラのメリットについて 一昔前までは監視カメラと言えばお…

    » 続きはコチラ

  • こんな場合に監視カメラが活躍します

    モラルのない犬の飼い主がいたら監視カメラが効果的 犬の散歩をす…

    » 続きはコチラ

モラルのない犬の飼い主がいたら監視カメラが効果的

犬の散歩をする人がいる通りでは、飼い主が適切に犬のフンの処理をしない場合がたまにあります。庭に雑草が生えている場所だと遠くから見てもわかりません。茂みに隠れて飼い犬にフンをさせるモラルのない飼い主がいると、そのときはわからなくても臭いがして後から発覚することがあります。犬の散歩は早朝の時間帯にすることが多いため、ずっと監視しているわけにもいきません。そんなときに監視カメラがあると、24時間体制で庭を監視できるので犯人を突き止めることができます。
最近の監視カメラは解像度が良くなってきているのでカラーではっきりと見えます。暗い場所でも赤外線を搭載していれば相手の顔もよくわかります。また猫にエサをあげる迷惑な人がいた場合でも、監視カメラがあれば現場をしっかり捕らえてくれます。犬や猫のフン害で困っているときは、最初に看板を設置しておけばかなり有効です。
しかし誰も見ていないと看板があっても効果はなくなってしまうので、監視カメラがあった方が安心です。監視カメラ作動中のステッカーとともに、監視カメラがそこにあるというのがわかるだけでも、飼い主はそこでフンをさせるのをためらうので抑止効果にもなります。

外国人が増えてきた街では監視カメラが必要

最近は都内のどこの駅を見ても外国人が増えてきました。観光で訪れる外国人も多いですが、工場などで働きに来る外国人もいて長期滞在しています。深夜遅い時間帯までうろついている姿もよく見るようになりました。コンビニや24時間空いているスーパーでも日本語以外の言葉で会話しているのを見て、外国人が急増していっているのがわかります。
日本全体的に見るとお年寄りが増加傾向にあり、昼間は買い物をしている姿を見かけますが、夜になると日本の若者はあまり外に出なくなってしまいました。夜は外国人の若者の方が多いという事態になってきています。
世の中の変わりっぷりに対応するには監視カメラが必要不可欠です。日本人のようにマナー教育されていないので、ゴミをそこら辺に散らかしますし、夜中にも関わらず立ち話をして近所迷惑にもなっています。
不審者がいる場合は直接注意すると何をされるかわかりません。警察に連絡すればいいですが、来てもらったときにはすでにいないこともあります。監視カメラがあれば映像を見せることができるので防犯対策になります。夜は人が通ったら自動的に点灯するLEDも備え付けておくと、びっくりしてその場からいなくなりますが、監視カメラもそこにあればそこから去っていくので、これからの時代は家の周辺に監視カメラがあった方が安心です。

Copyright(C)2017 簡単設置で効果は絶大!監視カメラが守る安全な暮らし All Rights Reserved.